ランニングフォームから解る【ランナーマインド】の記事です。

ランニングフォームから解る【ランナーマインド】

2020年3月23日(月)

ランニングフォームから解る【ランナーマインド】

目標には期日というものがあります。

目指す大会へ向けて段取りを作れていればいるほど
故障というのは厄介で

○○までに治して復帰したい!となります。

いつまでも治らないでいいや…では話になりませんので

これでいいのですが

故障を繰り返すランナーの方と話しを聞いていると

必ず焦りがあります。

治ってきていて復帰しても焦りがあります。

周りの人と話すときに

『○○までにキロ3分半で走らないといけないですよ』

とか言っていませんか?

どこかで目標やそこへ向けての段取りで期日を意識しすぎると

『しないといけない!』という言葉を使っています。

そんなときは焦っているのか?と一度自分自身を確認してもらうことが必要です。

さてこの焦りというのはランニングフォームでも確認できます。

ランニングで大切なのは前傾ということはご存じかと思いますが

前傾って【まえのめり】ということですよね。

顎を前に突き出しやすいランナーはやはり故障しやすいし

長年観てきた中でメンタル的にも焦りがおおいように見受けらえます。

顎を引く。
胸を張る。
骨盤の重心が後ろに残る

これらが基本として出来ていて前傾ができると

よいランニングフォームになるのですが

同じようにこの状態で焦りがなく目標や今おかれている

故障の状態を受け止めていくことができるようになります。

つまり自分自身を一歩引いて現時点からの目標に対する取り組み方の

修正具合が把握できるようになるのです。

体と言葉を整える整体のトップギア電話番号

〒170-0013
東京都豊島区東池袋2-63-15 池袋駅東口から徒歩8分

【電話番号】 03-3984-0925
【受付時間】 月金 午前/10:00~12:30  午後/15:30~19:00
火木 午後/15:30~19:00
土  午前/9:30~12:30  午後/15:30~17:00
【休業日】 水曜日 日祝

Copyright(c)2018 体と言葉を整える整体院 トップギアクオリティ