故障している時に練習日誌の書き方の記事です。

故障している時に練習日誌の書き方

2020年10月13日(火)

故障している時に練習日誌の書き方

どんなに実力があっても

故障して改善に時間がかかってしまうと

メンタル的に萎えてしまう。

 

原因…

改善方法は…

 

考えて答えが出ればいいが

出ない場合は

 

答えを求めない

 

そして今出来ることをやる

 

例えば理想のトレーニングができていなくても

現実を受け入れて今出来るトレーニングに徹する

 

そして

アスリートとして今置かれている立場で

今日やったことのトレーニングをいかに

自分自身で納得できるようにするかが

萎えないメンタルになっていく

 

私は練習日誌をもってきて頂き添削を行っているのですが

 

  • 走れないから補強トレーニング
  • ペースを上げれないないのでジョギング

 

という内容を実際やっていて

その通り書いていますが

 

そこには

《仕方ない》《悔しい》

《情けない》

《これでいいだろうか》

などのポジティブでない感情が入って

書いているのです。

 

 

ましてその感情を吐き出すかの如く

練習日誌に感想文まで

書いている方もいらっしゃいました。

 

 

はっきり言います!

 

 

練習日誌は事実を書くと同時に

自分自身のモチベーションを向上するために書くのです。

 

本当ならやりたかった理想の自分があるとしても

納得のいかない練習を今日、あなたは自分の意志でやったのでしょうか?

 

 

違いますよね。

 

練習に入る前に必ず故障が癒えて復帰してみせる。

そう思えたからこそ

 

今出来る練習をしたはずです。

 

納得していなくても…

 

 

いえ…練習日誌は

 

その納得していないを

納得して次へつなげていくために書くべき

だと私は思います。

 

 

そのためには

練習日誌を通して文章や言葉の

トレーニングが必要なのです。

 

文章一つであなたのモチベーションはどうにでもなり

モチベーションが上がれば故障の改善のペースはアップするのだから…

 

 

当院ではアスリートの方の練習日誌持ち込み大歓迎です。

【体も変わる!練習日誌の書き方へ】

添削サービスを致しております。

 

 

 

体と言葉を整える整体のトップギア電話番号

〒170-0013
東京都豊島区東池袋2-63-15 池袋駅東口から徒歩8分

【電話番号】 03-3984-0925
【受付時間】 月金 午前/10:00~12:30  午後/15:30~19:00
火木 午後/15:30~19:00
土  午前/9:30~12:30  午後/15:30~17:00
【休業日】 水曜日 日祝

Copyright(c)2018 体と言葉を整える整体院 トップギアクオリティ