体を酷使するトップアスリート、ファンランの方を中心に、慢性疲労、腰痛、肩こり、肘・膝の痛みなどたくさんの症状に対応します

池袋にある整体トップギアクオリティーのオーダーメイドメニューで、さらに上の自分へと目標を達成したお客様の事例をご紹介

整体を始めて20年間、高いコンディションとモチベーションを
求める多くのアスリートの方を診てきてからこそ、
僅かな不調の芽も見逃しません。
お客様のお悩みを深くまで聞き、目標や私生活まで考え、
オーダーメイド施術を提案しています。

足底筋膜炎、シンスプリント、
ランナー膝(腸脛靭帯炎)、鵞足炎、
オスグットシュラッダー病、アキレス腱炎、
踵痛、ハムストリングの痛み

慢性疲労、座骨神経痛、関節の痛み、
腰痛、頭痛、O脚、手のこわばり・しびれ、
ふくらはぎの痛み、肩こり、首の痛み、
頭痛、呼吸がつらい

トップギアではお客様の状態を見て1回1回施術メニューを提案するので、あくまで参考になりますが
お客様の事例をご紹介します。※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

施術の際は、どう治療していくと大会当日に
良いコンディションで臨めるか?体の季節的強みや弱み
は?どのような目標で現在取り組んでいるか?
など細かく見て、高いコンディションにもっていく覚悟や、
成功意識の成熟度も確認していきます。
これらが噛み合っていないと体の故障と繋がっていくの
で、施術メニューに組み込み改善していきます。
体の問題点を構造的にも考察した施術で、
走る技術の向上に繋がり、多くの方に喜ばれています。

  • 私は、高校時代から故障を慢性的に繰り返していました。
    痛みが引くと練習を再開するのですが、その度再発することが多かったです。
    箱根駅伝出場という大きな目標はもっているのですが、故障を繰り返しているため、
    現実的な地に足が着いた目標を立てられず、「痛みさえなくなれば…」と
    思考が停止した状態が続いていました。

    体の状態やフォームを見させていただいたところ、
    中学時代にしていたバスケットボール特有の腰を落とす走りで、
    長距離に合っておらず体に負担がかかっているように思えます。

    そうなんです!実は監督からも指摘されているのですが、
    自分でフォーム改善をすればするほど、故障してしまうみたいなんです…。

    故障の原因を少しずつ取り除いていくことが再発防止に繋がります。
    フォームも改善できるように、施術メニューに組み込みましょう!

    初回から5回目までは、故障している部位の痛みの
    改善に特化した施術で体を回復させていきました。
    6回目以降から、フォームの改善に特化した施術
    行いました。バスケットボールで養った筋肉のバラ
    ンスを、長距離走、特にスプリットタイムに合った
    筋肉への運動療法(PNF)も取り入れ良くします。

    平行して、目標設定に対する具体的な捉え方も指導します。
    長く大学進学後大会に出れていないため、ピーキング
    (最良なコンディションとモチベーション)に持っていくた
    めの中目標をつくることや、モチベーションコント
    ロールできる細かい目標設定を次回までに作成するなど、
    課題を出して自分自身で考える力をつけてもらいます。

    無理に腰高フォームを意識して
    骨盤が反れ、骨盤が上がっている。

    骨盤が下方に落ちたこの状態から、
    殿筋を鍛えると本来の腰高フォームへ。

    高校時代から怪我ばかりして、先生のところに来るまでは練習も
    3ヶ月以上継続できませんでした。しかし先生の施術を受けてから、
    質の高いトレーニングも離脱せずこなせるようになり、今では
    チームのレギュラー争いにも加わるほど成長することが出来ました。
    また、他の治療院と違い、目標の立て方からモチベーションの
    コントロール方法なども指導して頂きました。
    そのお陰で、自分は怪我が治っただけでなく、しっかりと考えながら
    トレーニングを積み上げていける選手となりました。
    自己ベストも、複数回更新できました!

    「施術で治してもらう」という受け身の姿勢から、毎回の課題点と向上点を
    見つけてそれに対する必要な施術をする
    ことで向上していきました。
    慢性的、かつ複数の箇所に故障が多発する場合は一つ一つ課題を克服してい
    く施術を提案・実行していくことで力が発揮できるようになっていきます。

    現在は月1回ペースで、定期的にコンディション調整で来院していただいています。
    強化合宿もこなし、記録会もこなし、更に箱根駅伝本選へ向けて
    確実にスキルアップしています!

    上に戻る>>

  • 元々故障を繰り返していたのですが、ここ半年は調子がよくコンスタントに
    練習できていたので、練習をさらに強化してみたら不調に…。
    症状そのものは軽いのですが、強化する度に故障してしまうので、
    どうしたらいいのか悩んでいます…。

    体の状態を診てヒアリングを行った所、Gさんは下半身は筋肉が仕上がっ
    てきているのですが、胸部の筋肉が落ちているようです。
    懸垂や補強系トレーニングの問題だけではなく、
    箱根駅伝という大きな目標に対して、現状の目標設定が上手く合致して
    おらず、焦りや不安から感情が乱れ胸部筋肉の低下に
    繋がってるようです。

    期自を考えるとどうしても焦ってしまい、自分でもやる気が空回りしてい
    ると感じます…どうしたらいいでしょうか。

    感情コントロールを安定させるために、目標設定から見直してみましょう。
    それと同時に、胸部と骨盤も調整していきます。

    期日が迫ると焦りや不安の感情の乱れがあるため、
    胸部筋肉の低下に繋がっていました。
    目標設定の仕方、日々の練習日記の書き方指導や
    言葉のチェックを徹底。施術では感情のコントロー
    ルの安定化のために胸部、骨盤の調整と温熱療法。
    月間700キロ以上の走行距離のため、
    日々の疲労改善のためのマイクロカレントを自宅で
    毎日加療してもらことに。

    オーダメイドのフォームアップクレドを作成、
    導入して言葉を前向きにすることで走力低下を防ぎ、
    モチベーションをアップします。補強トレーニング、
    体幹力トレーニングの組み合わせ方も具体的に指導。
    月1回の施術と自宅での疲労回復、さらにフォームアップ
    クレドの併用で自己ベストが更新できました。

    体幹が安定して後方への蹴り方が変わりました。胸も開き以前より前が見やすいです。

    競技の調子が伸び悩んでいましたが、施術を受けだしてから
    5年間更新できなかった記録を更新することができました。
    繰り返していた症状も再発せず調子がいいです。
    通い始めてからは、私の競技人生で最高のコンディションに
    なりましたよ!改善して大満足です。

    従来の整体だけでは足りなかったところを、言葉まで整えることで補うこと
    ができました。適切な目標設定をして練習を積み上げていき、
    山あり谷ありではなく、常に一定以上をキープしていくにはそれ相応の
    ツールが沢山必要です。それは施術だけではリカバリーできません。
    アスリートは自分自身を鼓舞する《言葉》があると力を発揮します。
    上手く組み合わさったことにより、ピーキングからの自己ベスト更新が
    できるようになりました!

    5年間更新できなかった記録を、施術後更新することができました。
    通い始めてから、競技人生で最高のコンディションになったと喜ばれています!

  • 趣味でマラソンを続けていましたが、膝の痛みが気になり悩んでいました…。

    膝の痛みが気になるようでしたので、筋出力テストをしてみたところ、
    右太腿内側の筋肉(内転筋)の力が入り辛くなっているようですね。
    内転筋の力が出ていないので、下半身右側をしっかり支えられずに、
    膝に痛みが出ているようです。足の接地バランスを整えていきましょう。

    分かりました、よろしくお願いします…!あと、仕事で疲れている時は
    腰にも痛みがあるのですが、それも良くなりますか?

    はい。全身の骨格バランスも少し歪んでいるので一緒に整えていきます。
    そうすることで、だいぶ良くなっていきますよ!

    左右で力の出方が違うので、足の接地バランスの調整から、全身の調整を行って
    骨格バランスを整えていきます。

    仕事で疲れると腰にも痛みがでてくるので、全身の骨格バランスを整えると同時に、
    温熱療法も加えました。右内転筋の力が入りずらい原因となる、腰椎に対しての調整も
    取り入れ
    、症状そのものは1回目~3回目まで月2回ベースで早期に改善しました。
    月1回の定期的ケアとフォームアップクレドを取り入れて目標達成も考えていきます。

    言葉を整えていくことで筋肉にも変化が現れます!

    施術を受けてからは、膝の痛みも無くなり、
    レースに向けて微調整まで施してもらったことで調子を上げています。
    また、フォームアップクレドの指導を受けたことにより、
    力が出なくなった時も自ら回復させる事ができるようになりました。
    仕事や私生活においても、後ろ向きにならず前を向く姿勢が整いました。

    市民ランナーの場合、ランニングフォームの問題等もありますが、
    実は仕事の疲れがランニングに影響している事が多々あります。
    大切な仕事と、趣味のランニングを両立するためには、仕事の疲れを持ち越
    さないことに徹することが肝心です。
    フォームアップクレドは体に対しての効果もありますが、
    仕事に対してのモチベーションアップにも期待できます。
    仕事の効率アップに活かして、腰に疲れをためなければランニングライフは
    もちろん、プライベートでも今以上のスキルが発揮できる例です。

    月1回の定期的ケアとフォームアップクレドを取り入れて頂き、
    年々記録の更新をしています。目標としていた別府大分毎日マラソンへの出場も
    安定してできるようになり喜ばれています!

いつも疲れを感じている方には、「疲れを取る」意識から、
「回復力を高める」「いかに疲れづらくするか?」の意識
に変えてもらうことを重点に置いています。
あなた自身が「向上したい!」と思う意志と行動に
対応できるように、継続して施術を施すことで、
日々の生活の中からも体質改善できるようにします。

慢性的な肩こりで悩んでトップギアに来ました。ただそれ以上に深刻だったのが慢性的疲労
でした。仕事に行ってもなんとか乗り越えて帰宅して、あとは自宅で休養という毎日です。
冷え性もひどくて、歩き方も前のめりになっていました。

お尻の筋肉がだいぶ落ちてしまっているようですね、
骨盤周りで体を支える事ができていないので、肩が力み肩こりの原因を
つくってしまっている
ようです。
外反母趾の症状もあるようです。歩くのが辛かったでしょう…。

はい、やっと歩いているような状態で、とても辛いです。
原因はお尻の筋肉だったんですね、骨盤周りを鍛えれば
よいのでしょうか…?

お尻の筋肉が落ちてしまっており、疲労もひどいので、
骨盤調整等や運動療法はまだ行わないほうがよいでしょう。
まずは徹底して腹式呼吸を行いある程度まで筋肉をつけましょう。

まずは、手先、足先を温熱療法で温めて血流の
改善と歩行改善のため脊柱を調整していきます。
そして、徹底して自宅での腹式呼吸を指導しました。
また慢性的疲労を改善するために、オプションで
レイキヒーリングを30分加えることでより疲労改善を
促していきます。

疲れづらくなってきたある段階から、
階段昇降を取り入れて、お尻の筋肉や骨盤を使って
歩けるように、歩行フォームの改善に努めて頂きました。
体の歪みなども少しずつ改善していきます。

体が歪み左右の手首の位置もずれ、
骨盤が下がってしまっている。

左右の手首の位置が改善、
筋肉もつき、骨盤も上がっている。

先生の指導どおりに腹式呼吸を意識して毎日行うようにする
と、体の調子が全体的に良くなってきました。
症状が悪くなっても、以前より悪くなる事はなくなりました。 改善して大満足です。

慢性的疲労からくる肩こりは、肩こりを治すという概念にとらわれずに
姿勢や歩き方の改善も必要です。
ただしそれはあくまで、車で言う燃費を良くすることにすぎません。
心身ともに消耗しきってしまっている方は、温熱療法やレイキヒーリング等
で燃料をいれてあげないと、頭で「やりたい!」と思っても
行動力が高まってきません。単なる症状の改善ではなく、
「やりたいことが出来る!」ところまで
とことんお付き合いいたします。

腹式呼吸からしっかりと指導した甲斐があり、
年単位と時間はかかってしまいましたが、仕事だけでなくプライベートでも
充実した生活を取り戻して頂けました。

スピードや記録を求めず、
走ることを楽しみたいファンランの方は、
アスリートの方のように数字を出す目標設定より、
目指す大会に向けて、自分の課題や問題点をいかに
把握できるかが大切です。その上で、長距離なのか
坂道が多いのか、など大会のコンセプトに合わせ
一緒にピーキングを調整します。

記録等は気にせず、走ることが大好きで、トレイルラン、ウルトラマラソンを
毎年4~6回は走ってます。とにかくもっと好きな大会に多く出場したいのですが、
膝が痛かったり、脚底が痛かったりして、脚の痛みに度々悩まされてます。

Mさんの場合、帝王切開による出産の既往があり、腹圧が無いようです。
腹圧とは、空手や柔道などの古武術でいうところの丹田力です。 
お腹で体全体を支える力なのですが、これの低下により
ランニングフォームが不安定で、脚に負担がかかっていますね。

そうだったんですね…、
特にトレイルランの不整地、ウルトラマラソンでの後半で
よく疲れるのですが、関係ありますか?
次の大会はトレイルランなので、間に合わせたいです。

トレイルランを考慮しての頸椎の調整を中心に、
腹圧アップでランニングを安定
させ、脚の痛みを改善しましょう。

トレーニングでの腹圧アップが著効を示していない
ため、胸椎の調整と温熱療法で腹圧アップします。
トレイルランにおける、下り坂での体重移動の安定
化を考慮して、毎回微調整していきました。
基本は月1回の施術。またウルトラマラソン大会前
はレイキヒーリング30分をオプションに入れます。

持久力アップと、筋肉、フォームの安定化のためにフォームアップクレドも導入。
言葉を発することで筋肉の固さが変化しました。

首が動きづらい角度を無くすことで、トレイルランやクロスカントリーなどの、
アップダウンのあるランニングにも対応した安定したランニングになります。

今まで、やみくもに走り続けてあちこちに痛みがありました。
施術を受けてからは、自己管理もできるようになり、
再発しても症状が軽くなりました。
またフォームアップクレドを実行して、緩むべきところが緩み、
締まるべきところが締まったのを感じます。
走ることが以前よりもっと楽しめるようになり、
トレイルランへの挑戦など、幅も広がりました!

手術や交通事故などが過去にあり、それが数年たって影響を与えていること
もあります。腹圧の低下は、腹筋の補強トレーニングや体幹トレーニングで
は効果が出づらくなります。
フォームアップクレドは、言葉で筋肉を引き締める効果があり
トレーニングと併用すると付きずらかった筋力アップも可能となります!

上り坂・下り坂の多いトレイルランをやっている方などに特化した対応として、
あらゆる角度から首の動きをチェックしてポジショニングを大切にしています。
首の動きづらい角度を無くして可動域を広げて不整地に対応しやすくするのです。

クレドの実践を繰り返した結果、レース中にもご自分の言葉で筋肉を調整できるように
なり、トレイルラン特有の不整地でも安定して走れるようになりました。
腹圧もアップして、足の負担も減ったことでさらに走ることが楽しくなります!

  • 整形外科医でストレッチ療法をやっていましたが、効果があり
    ませんでした。施術後は症状が再発せずに調子がいいです。し
    ばらく来院しないと再発はしますが、
    クレド後は、周りの人から顔が柔和になったと言われるように
    なりました。
    また、奥さんから怒られることも少なくなり、
    一人で自主的に走れるようになりましたよ。

  • 来院当初はヒザの痛みにより診てもらいましたが、
    痛みも無くなって、レースに向けての細かな調整をしてもらうことで調子を上げてもらっています。
    また、クレドにより力が落ちている時は自ら回復させることができるようになりました。
    言葉により、仕事や私生活においても後ろ向きにならずに前を向く姿勢が整いました。

  • 自分は高校時代から怪我ばかりしており、
    3ヶ月以上継続したトレーニングはできなかったのですが、
    先生の施術を受けてからは、質の高いトレーニングも離脱すること無くこなすことができるようになり、
    今ではチームのレギュラー争いにも加わる程成長することが出来るようになりました。他の治療院とは違い、モチベーションのコントロール方法まで指導して頂きました。

  • シンスプリントがきっかけで普通に走れなくなり、
    平成18年からずっと通院していました。通院してからの
    10年間では、駅伝での成績は優勝5回、準優勝2回、
    3位2回、入賞1回という団体での成績で、すべてメンバーとして走っています。現在は30歳を超えていますが、
    年齢を重ねても大崩れはありません。コンスタントに通院しているおかげで、毎年タイムを出す事ができています。

トップギアでは、ただ施術をするだけではなく、
お客様の私生活や目標まで加味した臨機応変なメニューを
提案しています。決まったマニュアルはありません、
あなたの目指したい目標・悩みをご相談ください。

体と言葉を整える整体のトップギア電話番号

〒170-0013
東京都豊島区東池袋2-63-15 池袋駅東口から徒歩8分
【電話番号】03-3984-0925

月金 午前/10:00~12:30
   午後/15:30~19:00
火木 午後/15:30~19:00
土  午前/9:30~12:30
   午後/15:30~17:00
水曜日 日祝

Copyright(c)2018 体と言葉を整える整体院 トップギアクオリティ